となりのトトロ聖地巡礼に埼玉と東京をめぐる

       

となりのトトロで聖地として有名な埼玉県の所沢など
トトロにまつわる場所をご紹介。

となりのトトロのモデルとなったのは埼玉県所沢市の狭山丘陵という場所

これはもはや有名になったトトロの舞台


巡礼の宿泊は後払いでもいけるって知ってました?給料前の聖地巡礼の強い味方
宿泊費のお支払いは2ヶ月後でOK! ホテル予約ならミニッツ
PR

埼玉県所沢市の狭山丘陵

場所としては狭山湖のすぐ近くあたりか。

アニメの通り、自然に囲まれた地域である。

猫バス?実際にトトロの森へ行くバスに乗れる?

所沢市の「クロスケの家」

モデルとなっている古民家のすぐ近くにはトトロの森へ向かうバス停が。

ここに来たら傘をさして写真が撮りたくなるだろう。

実際のモデルの猫バスのバス停「稲荷前」のモデル地「稲荷町」停留所

実際のモデルとなったバス停と言われているのが東所沢駅から出ている「ところバス」の停留所「稲荷町」。

これはアニメの中のシーンとはかけ離れている気もするが、記念写真くらいは撮っても良いかもしれない。

ただし、交通量もあるため撮影時は注意してほしい。

「稲荷町停留所」へのアクセスは

東所沢駅から「ところバス」で11分。新秋津駅から徒歩14分。

ちなみに1時間にバスは2本~3本、タイミングを間違うと結構待つことになる。

トトロが見られる古民家

そしてモデルとなった建物は1957年に越生から移築され、築100年を超える歴史的なものである。

そう、あの「まっくろくろすけ」を連想させるそのまんまの名前。

写真の障子のところに何かいるのが見えるだろうか?

そう、トトロ好きがここに来たら間違いなくテンションが上がる「トトロ」本体が障子戸のところにいるのである。

ここに来て、このトトロを写真に撮らない人はいないのではないかという存在感余りあるトトロ。

クロスケの家は森を守るための施設

この建物はトトロの森を守るための基金を受け付けている。

つまり森を守るための施設なのである。

ジブリ作品と言えば多くの作品が「自然保護」というメッセージが入っているように思える。
まさにこの建物は現実の社会の自然保護貢献に直結する建物なのだ。

中にはトトログッズが販売されていて、書いてある通り売り上げが森の保護に使われている。
その名の通りファンドグッズである。

トトロの家紋は必見だ

この建物、外からよく見るとこんなところにもトトロが。

なんと家紋がトトロのデザインに。これは子供が見たら大喜びだ。

この母屋の他にも敷地内には蔵や茶工場なども見れる。

ただし注意したいのはあくまでも古民家であり、自然というテーマがある。

そのため記事作成時の公式サイトでの紹介ではエアコンの設備なども一切ないとのこと。

そのあたりはトトロの世界の自然に溶け込むということを踏まえて覚悟していってほしい。

クロスケの家へのアクセスなどはページ下部の「クロスケの家」に記載。

実はたくさんあるトトロの森

トトロの森を一番最初に紹介したが,実はトトロの森というのは一つではない。

所沢市民の寄付金によって土地を保全するナショナル・トラストの活動から1991年に「トトロの森1号地」が誕生し、2016年11月までに40ヶ所のトトロの森が指定されている。

トトロの森お散歩マップというものを入手すると、その全貌や行き方がよくわかる。

念のため、これらは本当に単なる「森」であるのでトトロのデカいオブジェなどはない。

あくまでも自然を楽しむものである「散歩道」であることはご理解していただきたい。

旅費をお得に借りる即日キャッシング
   

関連記事

  1. ラブライブ!サンシャイン!!の聖地巡礼 沼津の旅

  2. シュタインズ・ゲートの聖地巡礼 秋葉原と池袋を探索

  3. 夏はやっぱりサマーウォーズ 長野県に聖地巡礼に行こう

  4. 東京都千代田区はまさにアニメの聖地 聖地ランキング上位の場所

  5. スラムダンク『SLAM DUNK』の聖地 神奈川 鎌倉へ聖地巡礼に行く

  6. 東京都内 最強パワースポットのすすめ ご利益をもらおう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。