【聖地巡礼】『君の名は。』の舞台巡りはここへ行こう

       

映画『君の名は。』の聖地は東京・岐阜・長野がメイン

君の名は。とはどんな作品?魅力とポイント

もはや説明するまでもない作品かと思うが一応知らない人のために簡単に説明しよう。

ネタバレもあるので注意。


巡礼の宿泊は後払いでもいけるって知ってました?給料前の聖地巡礼の強い味方
宿泊費のお支払いは2ヶ月後でOK! ホテル予約ならミニッツ
PR

東京に暮らす男子高校生の立花 瀧(たちばな たき)と田舎町に暮らす女子高校生宮水 三葉(みやみず みつは)が不思議な入れ替わりを通して出会うことから始まる。

最初は入れ替わりを2人とも「不思議な夢を見た」程度に思っていたが、周囲の反応からそれが現実に起きていることだと知る。

ここまではわりとよくある設定のストーリー展開だが、それまで定期的に起きていた入れ替わり現象が途絶えるところからこの作品の味が出てくる。

主人公の男子生徒の瀧は、記憶をもとに描き起こした糸守の風景スケッチだけを頼りに飛騨へ向かうがようやく辿り着いた糸守町は、3年前に隕石(ティアマト彗星の破片)が直撃したことで消滅しており、三葉やその家族、友人も含め住民500人以上が死亡していたことが判明する。

この時間軸のずれがこの作品の魅力のポイントなのだ。

ではストーリーに出てくる場所のモデルとなっている町などを紹介していこう。

岐阜県のJR高山本線「飛騨古川駅」

主人公の瀧が三葉に会いに行くシーンで登場する駅でJR高山本線「飛騨古川駅」という駅だ。

劇中では三葉は岐阜県飛騨地方の山奥にある糸守町というところに住んでいる。そのモデルがこの場所である。

糸守町の情報を得ようと聞き込みする飛騨古川駅前のタクシー乗り場が実際に見ることができる。

ちなみに映画の中で登場する列車は「特急ワイドビューひだ」と言われている。

 

三葉の実家は宮水神社へ行こう

三葉の実家は宮水神社という神社で三葉は神社の巫女を務めている。

その神社のモデルとされているのが飛騨古川町の「気多若宮神社」と言われている。

高山市にある日枝神社ではないかと言う説もあるようで、神社の風景はどこも似ているのでいくつかの場所がモデルではないかという説もある。

気多若宮神社

岐阜県飛騨市古川町上気多1297

日枝神社

岐阜県高山市城山156

「君の名は。」に出てくるあのバス停は存在する

劇中に出てくる糸守町は架空の街だが出てくる風景は実在する場所が多い。

劇中出てくるバス停もその一つだ。

飛騨市宮川町落合のバス停

「君の名は。」糸守湖のモデルは諏訪湖

劇中で1,200年前に隕石が落下してできたと言われてた糸守湖。

このモデルは諏訪湖と言われている。

諏訪湖は、長野県岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町にまたがる湖なので、岐阜ではない。

「君の名は。」の五平餅はここで食べよう

劇中で五平餅を食べているシーンによく似ていると言われるのが味処古川という店。

岐阜県飛騨市古川町壱之町11−3

「君の名は。」東京の聖地巡礼はここだ

劇中のもう一つの舞台「東京」。

新宿の風景が印象的である。

瀧と奥寺先輩が待ち合わせたのは「四ツ谷駅改札」

劇中、瀧と入れ替わっている間に三葉が奥寺先輩とのデートを勝手にセッティングするシーンがある。

その待ち合わせに使われるのが四ツ谷駅。

「君の名は。」ラストシーンは四谷 須賀神社

ラストシーンでも登場する東京四谷にある「須賀神社」。

四ツ谷駅から徒歩15分ほどの場所にある神社だ。

大きなお祭りもあるので、そのタイミングで行くと楽しいだろう。

旅費をお得に借りる即日キャッシング
   

関連記事

  1. となりのトトロ聖地巡礼に埼玉と東京をめぐる

  2. 【聖地巡礼】ジブリアニメの舞台の場所を国内で探す旅

  3. 再び貞子がやってくる リング 貞子の聖地を巡る旅

  4. 【聖地巡礼】 アニメ「Free!」の聖地 鳥取の岩美で遙や凛を感じてみる

  5. 【聖地巡礼】名探偵コナンの聖地は鳥取県 青山剛昌ふるさと館へ行こう

  6. 東京都内 最強パワースポットのすすめ ご利益をもらおう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。