実写映画版、信長協奏曲のロケ地へ聖地巡礼に行こう

       

信長協奏曲とは

『信長協奏曲』(のぶながコンツェルト)は、石井あゆみ氏の漫画であり、それが2014年テレビアニメ・実写テレビドラマ・実写映画の同時進行でプロジェクトが開始、映画版は2016年に公開された。

主人公の高校生のサブローがタイムスリップして自分そっくりだった織田信長と入れ替わるというストーリー。


巡礼の宿泊は後払いでもいけるって知ってました?給料前の聖地巡礼の強い味方
宿泊費のお支払いは2ヶ月後でOK! ホテル予約ならミニッツ
PR

当初は、周囲から困惑され裏切りや暗殺されかかるも、偶然が重なり飄々と切り抜ける。そうしたことから家中や領民に支持され、家臣の平手政秀の死をきっかけに本気で天下統一を志すというものだ。

は曰はくは小栗旬をはじめ、柴咲コウ、向井理、山田孝之、濱田岳など豪華キャストで構成されている。

ちなみに小栗旬は織田信長と明智光秀の2役を演じている、主人公のサブローも入れると3役ということになるか。

今回はその映画版の信長協奏曲のロケ地を紹介していく。

安土城は彦根城が使われた

織田信長が天正4年(1576年)に完成させた安土城が舞台になるが安土城の御門が映るシーンや家康が家臣から戦況の報告を受けるシーンなどが撮影されたロケ地は彦根城である。

滋賀県彦根市金亀町1-1

滋賀県彦根市金亀町1-1

彦根城と同様に安土城として撮影が行われ田代がもう一つある。

それが兵庫県姫路市にある「姫路城」。

いくつかのシーンの撮影場所「光明寺」

帰蝶と信長の妹のお市が縁側で話していたシーンや石山本願寺のシーンも撮影された京都の「光明寺」。

京都府長岡京市粟生西条ノ内26-1

京都府長岡京市粟生西条ノ内26-1

ここへ行くなら秋の紅葉時期がおすすめだ。

信長協奏曲のロケ地、神社のまとめ

上記の他にもたくさんの神社がロケ地となっている。

まとめるとこんな感じだ。

上賀茂神社:京都府京都市北区
摩気神社:京都府南丹市
金戒光明寺:京都府京都市左京区
萬福寺:京都府宇治市
随心院:京都府京都市山科区
下鴨神社:京都府京都市左京区
油日神社:滋賀県甲賀市

あの木が見たければ千葉県へ

アニメ版信長協奏曲もそうそうたる声優陣

アニメ版の声優陣もサブローと織田信長を宮野真守、帰蝶(きちょう)を水樹奈々などが演じていて豪華な顔ぶれである。

 

旅費をお得に借りる即日キャッシング
   

関連記事

  1. 金運アップのパワースポット

  2. 再び貞子がやってくる リング 貞子の聖地を巡る旅

  3. 全国にある【Fate StayNight & Zero】の聖地巡礼 Fateの聖地を完全紹介

  4. 【聖地巡礼】 アニメ「Free!」の聖地 鳥取の岩美で遙や凛を感じてみる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。