シュタインズ・ゲートの聖地巡礼 秋葉原と池袋を探索

       

のページにはネタバレ内容があるため閲覧にはご注意ください。

タイムパラドックス系の作品では最高峰と言われる作品シュタインズ・ゲート。


巡礼の宿泊は後払いでもいけるって知ってました?給料前の聖地巡礼の強い味方
宿泊費のお支払いは2ヶ月後でOK! ホテル予約ならミニッツ
PR

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)、シュタゲなど表記や呼ばれ方はいくつかある。

その神アニメとも言われるシュタゲの舞台は東京秋葉原周辺。
実在する店や場所がモチーフになってるところが多く、聖地巡礼として全国から人が集まる。

シュタゲとは

2010年の現代日本を舞台とした作品で、もともとはゲームから始まった。

その後アニメ化され続編ゲーム・アニメ・劇場版アニメなど関連作品が多数ある。

タイムパラドックスという時空を移動することにより過去を変えることによって起きる、未来に起きる矛盾をテーマにした作品。

作品内にたびたび登場する2ch用語や現実に流布している都市伝説や陰謀論への言及、インターネットスラングなどがヘビーネットユーザーにはたまらない作品だ。

ここまで後から第1話が効いてくる作品があっただろうか。

そしてその続編がシュタゲゼロ。その2作品と劇場版をすべて見て話が全部つながって、超納得できる素晴らしい作品。

そんなシュタゲの聖地巡礼。

物語の重要なシーンはラジ館

冒頭から舞台となるラジ館(ラジオ会館)

タイムマシンが現れたり、クリスが刺されたり最初から最後までこのラジ関は重要なポイントとなる。

東京都千代田区外神田1丁目15−16 秋葉原ラジオ会館

このラジ館と同様、秋葉原の実在する場所がアニメに多数出てくるので紹介していこう。

秋葉原駅

秋葉原の駅も劇中重要な場所となる。

駅からUDXへのこの風景も劇中に何度も現れる。

作品ではUDXは「UPX」という名前で出てくる。

ルカ子がいる柳林神社は実在した

劇中に出てくる女子以上の男子、ルカ子こと漆原るか (うるしばらるか)。

彼女(彼か・・・)の実家、柳林神社は名前こそ違うがモデルとなっている神社が存在するのである。

ここでよく間違えられるのが「柳森神社」。

東京都千代田区神田須田町2-25-1という住所で

秋葉原の駅にかなり近い神社なのでよく間違えられる。

実際はルカ子がいる柳林神社のモデルとなったのは上野にある秋葉神社という神社。

東京都台東区松が谷3丁目10-7

すずは(阿万音鈴羽)大好きゴーゴーカレーはどこの店舗か

劇中に出てくるカレーショップ「ゴーゴーカレー」は実在の店が実名で出てくるカレー屋さんだ。

実際にゴーゴーカレーとシュタゲのコラボイベントも過去におこなわれている。
その際にはクリアファイルなどいくつかのグッズも作られている。

コラボクリアファイル

ゴーゴーカレーはチェーン店であるため様々な場所に店舗がある。そのためにシュタゲで出てくるゴーゴーカレーはこの店のことなのか?と迷うに違いない。

秋葉原には2店舗ある。

ゴーゴーカレー 秋葉原1号店
ゴーゴーカレー 秋葉原中央通店

のふたつだ。

駅を挟んで反対側にあるので2店舗回るにはちょっと歩くことになる。

このどちらがシュタゲのゴーゴーカレーなのか?

これは諸説あるらしい。

いぜんおこなわれた舞台巡りイベントでゴーゴーカレー中央通店がチェックポイントとなったために、こちらのゴーゴーカレーが聖地なのではないかという噂になった。

まだまだあるぞ!シュタゲ実在聖地巡礼

フェイリスとまゆしぃのバイト先、メイクイーン+ニャンニャンはカフェメイリッシュ。

そのフェイリスが劇中で最上階に住んでいるという設定の自宅の超高層ビルが東京タイムズタワー。

ダルとオカリンが行く牛丼屋も実在

東京都千代田区外神田3丁目14−4

オカリンを追うなら池袋 雑司ヶ谷周辺

オカリンこと岡部倫太郎の実家は雑司ヶ谷。

シュタゲでも池袋の地名は何度か出てくる。

その近くを走る都電が劇場版「シュタインズ・ゲート負荷領域のデジャヴ」で何度か登場する。

ぜひともシュタゲの聖地巡礼は雑司ヶ谷も行ってほしい。

なぜか?

おまえならわかるはずだ、特に意味はない

おすすめのシュタゲ動画

旅費をお得に借りる即日キャッシング
   

関連記事

  1. 夏はやっぱりサマーウォーズ 長野県に聖地巡礼に行こう

  2. 【聖地巡礼】ジブリアニメの舞台の場所を国内で探す旅

  3. スラムダンク『SLAM DUNK』の聖地 神奈川 鎌倉へ聖地巡礼に行く

  4. ラブライブ!サンシャイン!!の聖地巡礼 沼津の旅

  5. ガルパン聖地巡礼 茨城県の大洗町の見どころはここだ

  6. エヴァが好きなら箱根は「第3新東京市」と呼ぶべきだ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。